スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二折り返しの定石を求めて その4

引き続き4回目 私的定型的な第二折り返しの形が増えてきたので、載せてみます。

前の記事にも書いていますが、既に誰かしら使っている形だと思います。
便宜上、筆者が勝手に呼んでいる名前なのであしからず。
・すり鉢


段差が1・1・0(中央列が凹んでいる)の時に組みやすい。
相性の良い形:L字土台、雪崩、カニ挟み、くま積みetc...
  



こういう2ダブがすごく打ちやすいです。ハチイチで2トリも。
2ダブを埋めたと思ったら即座に3連マルチが顔を出す。どこからでも作れるマルチ催促で相手をけん制します。
FUEL折り返しと組み合わせれば、回収率も維持できます。
散々短いマルチ催促で威圧しておきながら、本線を打ったらこの火力。中々のものでしょう。
  



残しを意識しての2ダブ。
第一折り返しの上にL字を発火点とする2ダブを作ると、本線から独立した催促として使うことが出来ます。
かなり扱いが難しいですが、これが出来ると中盤に3つ以上の催促を持てるので中盤戦での自由度がエライことに。ヤバイ。
  



中央の形さえ作れてしまえば、発火点に困らずいつでも2ダブを構えられます。
左側部分は1手で雪崩へと切り替えが可能。もちろん発火点としても機能します。火力も十分。
  

扱いを間違えると飽和の小さい連鎖になってしまうので、そこは多重折り返しでカバーしましょう。
すり鉢の左側を早めに雪崩にしてしまい、L字の挟み込み等で本線を確保してから中盤を展開するのが基本的な扱いになると思います。
2ダブが保持しやすいことを利用して、2トリや2クアに発展させ一気に畳み掛けるのも面白そうですね。

筆者が使うとどうなるか?それはもちろん、どっちつかずになります(`・ω・´)(キリッ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。