スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルシャについて考える

ペルシャで最も基本的なこの形。

 
 
筆者は左図のペルシャが苦手です。どうもこの青の置き方に慣れません。
そのせいであまりペルシャを組みません(組めません)。
右図の平べったい方なら比較的組めるんですが、やっぱり基本は左図のペルシャでしょうね。

ところで、一口にペルシャと言ってもまさかこの上図の2パターンしか無いわけじゃないはず。
そこで、今よりもう少しペルシャ慣れする意味でも、自分が普段良くやる組み方からペルシャに持っていけないか考えることにしました。
座布団をたくさん敷き詰め、その上に仕込むペルシャ


折り返しに縦の3連結を使ったペルシャ
(自分はこの縦3を使ったペルシャが一番組みやすいです。)


連鎖尾に移るタイミングに同色を仕込むペルシャも面白そうですね。でも難易度高そう。


連鎖尾として使うことにこだわらず、ツモ次第で折り返しに切り替えるペルシャ(?)
 

こんな風に途中から連鎖尾で行くか・折り返しで行くか、スイッチの切り替えのようなペルシャをやってみたいです。
今自分が一番やってみたい形ですが、頭でっかちな筆者はおそらくどっちつかずになって愚形になるでしょう(笑)


また、今のところは全くイメージが湧きませんが、土台まわりに散らばっているゴミぷよを利用して後付でペルシャを仕込むなんてことも出来ないものか・・・! NOW 構想中。


「普通のペルシャじゃつまらない!」いう方は、こんなちょっと変わったペルシャを使ってみてください。
これで明日からあなたもステキなペルシャライフを!

※この形を使って負けても責任は負いません(ぇ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。