スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪崩は起点は中央から

このツモ(赤青)をどこに置くべきか
○良い例
  

第二折り返し周辺が平たくなるので、合体に持って行くのがラクになる。
連鎖尾に雪崩を入れる前提で組むのなら、"赤を中央に置く"意識を持つことで自然と良い形になりやすいです。

L字土台を思い浮かべてもらえばわかりやすい。雪崩を入れることで平たくなる形の代表例だろう。




△避けたい例
 

決して悪い形ではないが、早い段階から凹凸が多くなるのでなるべく避けたい。
左:青の暴発が怖い 右:第二折り返し周辺がカギ積みになりやすく隙が生じやすい



配色が悪くて、どうしても土台の赤を左右どちらかに持っていくしかない場合、
カニばさみに持っていくことで第二折り返しを平たく構えやすくなる。
飽和連鎖量も小さくなりにくい為、相手も迂闊に手を出せなくなるはずだ。

◎良い修正例
 

「形は悪くないのに、試合になるとなぜか勝てない」という人がいると思います。
飽和連鎖量が小さくなりやすいと感じる時は、序盤に出来た土台の凹凸によってゴミぷよが出やすい形になっていないだろうか。
中盤・第二折り返しでの隙が大きいと感じる時は、序盤に出来た土台の凹凸のフォローに駆られ、(相手との)実質的なツモ差がついていないだろうか。

小さな一手ですが、後の試合展開を大きく変える一手でもあります。
悪い形の多くは「好ましくない一手」の積み重ねによって生まれます。

時には、一手一手ゆっくり考えることも必要です。
「好ましくない一手」を減らせば、必然的に良い形が増えてくるでしょう。
良いぷよライフを!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。