スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二折り返しの定石を求めて その3

引き続き3回目 私的定型的な第二折り返しの形が増えてきたので、載せてみます。

前の記事にも書いていますが、既に誰かしら使っている形だと思います。
便宜上、筆者が勝手に呼んでいる名前なのであしからず。
潜りカギ
連鎖尾と第二折り返しを潜り込みとカギ積みでつなぐ循環連鎖。
放っておいても連鎖尾として回収されるので、本線の安定を図りやすい。

  



名前の通り、潜り込みの連鎖尾を入れやすい土台と相性がいいです。
土台の最後に1つ足すと、高さがついて潜りカギへ発展させやすい。

相性の良い形:ニコニコ(?)積み・くま積み・L字拡散 など

  



元が連鎖尾なので当たり前ですが、放っておいても回収されます。
第二折り返しへの発展がしやすい形ですが、あくまで連鎖尾寄りの形。
 

 



潜りカギを狙いそびれた場合でも、土台の後ろをL字にしておけば、2ダブを持ちやすくなります。
第一折り返しと完全に分断されているが、後ろが常に連鎖尾として機能するので回収率が落ちにくい。

  



常に 連鎖尾+第二折り返し、もしくは 連鎖尾+催促 として機能する形。
第二折り返しを早めに作って4連くらいの対応手を持ちまわるもよし、
連鎖尾で早めに2ダブを用意して相手をけん制しながら中盤に入るもよし、
状況に応じて使い方を変えやすいので、正確に凝視が出来るプレイヤーには鬼に金棒なこの形。

ちなみに凝視がヘタレな筆者は使いこなせません(´・ω・`) ぐぬぬ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。