スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時

赤が全然来ません。青ばっかりで連鎖尾に足すのにも限界がありそう。
試合でこういう場面に当たった時、「あ。どうしよう・・・」と一瞬考えました。


さて、ここから自分はどうしたかと言うと..
こう置きました。これだけだと隙だらけで潰しが来ないか怖いところですが、


ネクストの青ゾロをこう置いてやれば、ひとまず折り返しが作れます。
ここでやっとネクネクに赤が見えました。


しかし、このまま青発火の折り返しのまま伸ばしてしまうと、ネクネクと右下の赤が無駄になりそう。

そこで、こう置いてみましょう。
先に青紫を2・3列目に横倒しにする手もありますが、ここは折り返しを優先します。


この辺まで来ればもう安心ですね。
ただし、うっかり青を忘れやすいのでご注意を。青紫なら右列に横倒しで本線になります。


こういう変化をささっと出来ればもっと勝てそうですが、視野の狭い自分にはまだまだ難しいです・・・



こんな場面も同じです。


こんな風に形を整えて、


こんな形に持っていければバッチリですね。


折り返しが最も隙の生じやすい箇所なだけに、隙を少なくしたリスクの少ない良い形を求めたいところ。
そして隙だらけでいつも潰されて終わる筆者( -ω-)
隙こそ物の上手なれ、ということでしょうか(誤字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。