スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルフィーユについて考える

こんな形の連鎖をミルフィーユ連鎖を呼びます。
芸術性の高さはピカイチですね。



基本、潰しに用いられることが多いのですが、どうしても4つ消しが多くなるので連結ボーナスが得られなかったり、何より一見しただけで狙いがわかってしまうので、対戦では敬遠されやすい連鎖でもあります。
とはいえ、決まった時の爽快感は代えがたいものです。

「潰ししかないんじゃ、使い道がねぇ・・・」と思っている、そこのアナタ!m9 ビシッ


こうやって最後に使ってあげれば短くて強い本線に出来ますぞ。


IPS連鎖集によると、こういうミルフィーユの使い方を 『ひさボンバー』 と呼ぶそうですね。
(参考:石川をぷよぷよで染める会 - ぷよ連鎖集 より 『ミルフィーユ』 のページ)
一番下から消すことにばかりこだわらなければ、実はこんな風に簡単に対応手が作れますね。また、




こうやって組み上げてやると、ミルフィーユでも大連鎖を打つことが出来ます。
上部のミルフィーユを多重新GTRとして折り返しに使った連鎖。
先に挙げた 『ひさボンバー』と組み合わせてのミルフィーユ大連鎖ですね。

美しさでは純正ミルフィーユに劣るものの、これなら対戦でもなんとか使えそうですね。



※最近時々使っているめくりからの小ミルフィ
 


今日の夕食はミルフィーユにしようか(胃もたれ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。