スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニばさみについて考える

ほとんどのぷよらーさんがお世話になっているであろうカニばさみ。
こんな形ですね。




連鎖の最後の方でたくさん消えてくれるので、火力の底上げをしてくれたり



連鎖尾で催促や対応手を作りやすい、など便利な形です。





でもなぜか、自分の周りではそれほど使われていないような気がします。

そこで、こんなに便利なカニばさみ。せっかくなのでアピールしてみましょうか。
まずは、カニばさみ合体!

  

第二折り返しが凄く低いところに作れてしまいます。
かなり早い段階で合体が出来ますし、キーぷよを外しておけば対応手にも使えます。

なお、第一折り返しから打っても、連鎖尾として第二折り返しもほとんどが回収されます。
キーぷよを外しながら、左からは催促・対応、右から本線、
という具合に使い分ければ上手く戦えそう。


ちなみに、このカニばさみ合体についてはIPSのぷよ連鎖集でも載っています。
(参考:石川をぷよぷよで染める会 - ぷよ連鎖集 より 『カニ挟み』 のページ)


次は、カニばさみ折り返し!(先折)



なんと、大胆にもカニばさみを折り返しに使ったトリッキーな連鎖です。
一番のポイントは、折り返しのキーぷよである黄色が中央列(3・4列目)にあるところ!この時点で見づらさ満点。


また、緑がバラバラに散らばっている為、左折であることを相手に見破られにくくなっています。
こんな風に4列に散らせればさらに見づらさアップ!
 

さらには、GTRに見せかけた(というかモロGTRですが)連鎖尾によってさらにカモフラ率UP!
などなど、非常に相手が嫌がりそうな見づらい折り返しになるので、ツモ次第では狙ってみるのも面白いかも。

実際のところ、自分が対戦中相手にこの形組まれたら、手放しで右折GTRだと思ってしまいます(ヲイ




そしてとどめは、地雷ガニ!

 

ズワイガニならぬ地雷ガニ。
連鎖の後ろの方で多連結になる利点を今すぐ使ってしまおうという乱暴な技(笑)

とはいえ、図の場合だと7+8連結。純正の地雷よりも連結数が多くなり、落下ボーナス抜きでも4段降ります。痛い。
カニばさみの構造上、後ろに3連結を置いておくことが多いと思いますので、狙えるタイミングもありそうですね。

もちろん、地雷ガニを使わなくても本線として無理なく伸ばすことが出来ます。



と、実はこんなに使い方のあった便利屋さんのカニばさみ。

みなさんも積極的にカニばさみを使ってみましょう!甲殻類ぷよらーの称号はあなたのもの!(返上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。